レジーナクリニックで『予約取れない!』とならないための対処法を伝授!

レジーナクリニックで『予約取れない!』とならないための対処法を伝授!

最短8カ月で全身脱毛コースが完了することで大人気のレジクリこと、レジーナクリニック。

全身脱毛コースが税別189,000円ということで、とにかく利用者数が多いため、ネットでは『レジーナクリニックは予約取れない』という口コミまで浮上するようになりました。

確かに予約が取れずらい程の大人気なのは間違いないのですが、ちょっとした工夫で予約が取れやすくなることもあったりするのです。

今回は私の経験を元に、レジーナクリニックでスムーズに予約が取れるコツみたいなものを伝授したいと思います。

これを参考にすれば『え?レジーナクリニック予約取れないじゃん!』ということは減ると思いますよ(*^▽^*)

予約取れない対策!レジーナクリニックの予約を取るコツ!

レジーナクリニックで『予約取れない!』とならないための対処法を伝授!

早速、結論から書かせていただきますが、私が思う【予約を取るコツ】は以下の通りです。

 

①レジーナクリニックで脱毛をして、帰り際に次回の予約を取る。

②土日休みの女性は、確実にクリニックに来れる土日を予め予約してしまう。
(生理など、予測できない事態は日程を変えましょう)

③平日休みの女性は、定休日か休みの取れやすい曜日に予約を入れ、シフト作成の際に希望を会社に伝える

 

・・・こんな感じですね(*^▽^*)

WEB予約ができればいいのですが、レジーナクリニックは店頭予約か電話予約のみになるので、自分が予め先を読むしかないんですね(^.^)

ちなみにレジーナクリニックは女性会員のみで、男性は入会できないため【※※休みの女性】という表現を使いました。

 

ちょっと補足しましょう。

①についてですが、これが一番楽ですよ。

レジーナクリニックで『予約取れない!』とならないための対処法を伝授!
お客『※※月●●日の16時どうですか??』

スタッフ『え~と、その日ですと18時からであればお取りできます』

お客『では、次の日の16時は?』

スタッフ『はい、大丈夫です!』

と言う感じですね。

スタッフも予約ボードを見ながら受け答えしているので、返答もスピーディーです。

なので、お願いしている利用者もストレスなく予約取れるんですね。

これが重要で、このストレスの有無がネットの口コミに反映されていると言っても過言ではないでしょう。

 

ちなみにレジーナクリニックの予約は電話のみになるので、家や出先から電話をすると、こううまくはいかないわけですよ(;^ω^)

電話越しでイライラすると『もう!!レジーナクリニックはマジで予約取れない!』となっちゃうわけです(;^ω^)

スタッフが目の前にいれば、一生懸命対応してくれるのが見えるので、そういう感想にはならないでしょう。

 

次に②ですが、土日祝が休めるOLさんは前もって希望を伝えれば、予約は取れやすいです。

ただ『来週いいですか??』という人が多いので『来週はいっぱいですね』と言われるわけですね。

生理など、特別な理由は仕方ないにしても、遊びのスケジュールが組めるわけですから、レジクリで脱毛する日もちゃんとスケジューリングしましょう。

 

③についても同じですね。

ただ、③の人はサービス業などの不定期な休みを想定しているので、会社に希望休が出しずらい人は難しいかもしれません。

定休日があれば、その日に当てればいいでしょうし、休みの希望が出せるのであれば早めに申請すればいいでしょう。

 

レジーナクリニックで予約を取るコツは、予約システムを変更できない以上、自分自身が早めに行動するしかないのです。

雪が降る地方でスタッドレスに変えるという習慣がありますが、必ず行動パターンは2つに分かれます。

レジーナクリニックで『予約取れない!』とならないための対処法を伝授!
①予め、雪を想定して早めにスタッドレスに交換し、『予約が開いてる日、いつでもいいのでお願いできますか?』という人

②ニュースに雪マークがついてから慌ててスタッドレスに交換を依頼し『なんで予約が空いてないんだよ』と、全てを人のせいにする人

の二パターンです(;^ω^)

雪が降る地方の方は『分かる分かる』という話だと思うのですが、レジーナクリニックでの予約も同じだと思うんですよね。

ポイントは、とにかく余裕を持って、前もって予約!!

可能であれば、店頭でスタッフと会話しながら次回の予約を取るのがベストだと思います。

 

なんだか根性論的な内容になってしまいましたが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

レジーナクリニックの無料カウンセリングはこちらから!

 

 

関連記事

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る